Vancouver

旅のヒント

バンクーバーを旅する際に役立つ情報を集めました。到着前に知っておきたいこれらの情報は、バンクーバーへの旅の準備の助けになるはずです。

基本情報

人口

2011年の人口調査によると、バンクーバー市の人口はおよそ60万3500人です。メトロバンクーバーまで範囲を広げると2300万人となり、BC州全体の4400万人のうち、52.3%を占めています。

 

言語

英語とフランス語が公用語となっていますが、バンクーバーではほとんどの人が第一言語、もしくは第二言語として英語を話します。バンクーバーは多文化が集まる国際都市で、それゆえ英語・フランス語以外の多様な言語も話されています。様々な言語が使用されているほか、多くの住民が母国の文化や伝統を守っていますが、カナダ文化との融合も見られます。

英語と中国語の他には、パンジャブ語、ドイツ語、イタリア語、フランス語、タガログ語、スペイン語などが多く話され、バンクーバーに暮らす半数以上の子ども達は英語以外の言語によって育てられているという調査結果もあります。

 

通貨

カナダへ旅行に来られる際はカナダドル(CAD)を使用することをおすすめします。両替は大手金融機関、信託銀行、両替所などで行うことができますが、カナダ到着前にカナダドルに両替して持っておく方が好ましいでしょう。ホテルや大型店舗、レストランでは他の国の通貨での支払いを受け入れているところもありますが、為替の変動により日々レートが変わることがあります。

1カナダドルは100セントで、硬貨は5セント(ニッケル)、10セント(ダイム)、25セント(クオーター)、1ドル(ルーニー)、2ドル(トゥーニー)から構成されています。紙幣は5ドル、10ドル、20ドル、50ドル、100ドルの5種類があります。 2013年より1セント硬貨の流通が廃止されました。現金で支払いをする場合、端数は“0”、“5”、“10”の一番近い数字に切り上げ、もしくは切り捨てて支払うことになります。クレジットカードやデビットカードの場合はそのまま1セント単位で支払います。

 

税金

基本的5、にBC州では7%の州税(PST)と5%の連邦消費税(GST)がかかります。PSTについて、アルコールは10%、宿泊は8%+ホテル税3%、一般的な食品、レストランでの食事、本、雑誌、子供服は課税なし、または低い税率となるなど、品物により課税率が異なります。

 

時差

バンクーバーは太平洋標準時(PST、UTC-8)を採用しています。サマータイムは3月の第二日曜日から11月の第一日曜日まで実施されます。

 

ビジネスアワー

バンクーバーも他の大都市と同じく24時間休みなく動き続けています。一般的にビジネスは月~金、大体午前8時半~午後5時が営業時間ですが、お店や企業によって異なります。小売店はほぼ休みなく営業しており、午前9時半~午後6時ごろまでオープンしていることがほとんどです。いくつかの薬局や食料品店、レストランに加え、多くのホテル、モーテルでは24時間営業を行っています。

パスポート・ビザ

日本のパスポートをお持ちの方が、カナダ入国の際にはパスポートの有効残存期間がカナダ出国予定日+1日以上ある必要があります。滞在日数が6ヶ月以内の観光・商用ならビザの取得は不要ですが、電子渡航認証「eTA(Electronic Travel Authorization)」をオンラインで申請する必要があります。申請料は7ドルで最長5年間有効です。また、アメリカ経由でカナダへ入国する際にはESTAの申請が必要となります。eTAの概要についてはこちらから確認できます。また、eTAの申請はこちらから可能です。